マーベロンは避妊だけではなくニキビも治せる

マーベロンは低用量ピルで、卵巣ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)が含まれている女性ホルモン剤です。
低用量ピルは卵巣ホルモンを減量する効果があり、吐き気や胸のハリ、痛みや血栓症のリスクなどのいろいろな副作用を軽減したもので、生理痛を緩和したり生理不順を改善する効果があります。
ホルモンバランスを整えることができ、子宮内膜症や卵巣ガン・子宮体ガンなどの一部のリスクを軽減することが可能です。

低用量ピルにおいてマーベロンはすべて成分量が同じである「一相性」と呼ばれているタイプの低用量ピルで、飲み方が単純なので使いやすいことが特徴です。
黄体ホルモン薬にはデソゲストレルという成分が含まれていて、デソゲストレルは黄体ホルモンの活性や子宮内膜の活性作用が強いので不正出血が起こりにくいことがあげられるでしょう。
ニキビや脂漏などを生じることも少ないのでニキビを治療することもできます。

マーベロンがニキビ改善にも効果的な理由として低用量ピルに配合されているエストロゲンが性ホルモンと結合するとタンパク質を増加させます。
このタンパク質がテストステロンという男性ホルモンと結合するとニキビの原因である血液中にあるテストステロンを減少させることによりニキビの発症を抑えることが可能です。
マーベロンには21錠と28錠があり、これらの違いは休薬期間において偽薬を飲むか飲まないかになります。

マーベロンは比較的副作用が少なく、ニキビが綺麗になる効果もあるのでお肌がきれいになるでしょう。
マーベロンは服用できない人がいて、例えば35歳以上で1日にタバコ15本以上吸う人や高血圧の人などがあげられます。
前触れのある片頭痛を持っている人なども服用することができないので注意する必要があります。
インターネットを利用するといろいろな薬剤サイトがあるので、自分に合った薬を選択し効率良く使うことができますので利用しましょう。

マーベロン21錠と28錠の違いについて

低用量ピルのマーベロンは、ホルモンバランスを整える作用によりニキビを改善する作用があります。
ニキビの原因は様々ですが、その一つに過剰な皮脂分泌による毛穴つまりが存在します。
皮脂が過剰に分泌されるのは、男性ホルモンとプロゲステロンの作用によるものが大きいため、ホルモンの影響による肌荒れを防ぎ、肌が綺麗になるのが特徴です。

マーベロンには21錠入りと28錠入りの2種類があり、どちらでも同じ効果を得られます。
いずれも28日間を1つのサイクルとする使い方ですが、主な違いは休薬期間にあたる最後の7日間にあります。

マーベロン21は、1シート21錠入りなので、毎日続けて飲むことで21日間で1シートが飲み終わる仕組みです。
その後は7日間薬を飲むのを休む期間を経て、次の新しいシートの1日目からまた飲み始めるサイクルです。

マーベロン28の場合、21日間はマーベロン21と同じ錠剤を飲みますが、最後の7日間は偽薬を服用することになります。
偽薬はプラセボ錠とも呼ばれ、薬の成分は含まれていません。
成分の入っていない薬を7日間飲み続けると、マーベロン21で7日間休薬したと同じことになります。
マーベロン28は、毎日継続して28日間服用し、1シートを飲み終わったタイミングで次のシートの1日目から飲み始めるサイクルとなり、休薬期間もずっと薬を服用するのが特徴です。

両方とも錠剤の数に違いがあるものの、正しい服用方法を守った場合は全く同等の効果を得ることができます。
そのため、生活スタイルや好みでどちらを選ぶか決めて構いません。
少しでも飲む薬を減らしたい場合は21錠入りを、飲み忘れを避けたい場合は28錠入りがおすすめです。

関連記事