ピルは生理緩和にも効果があります

生理緩和の薬を飲んでも生理が辛いという場合、病院でピルを処方してもらうという方法があります。
増殖した子宮内膜の中にはプロスタグランジンという物質が含まれているのですが、この物質には子宮収縮を促すという働きがあり、痛みを引き起こすということです。

ピルに含まれているホルモンには子宮内膜の増殖を抑えるという作用があるため、服用することで子宮収縮を抑えることができます。
同時に出血が少なくなったり、出血が無くなるといったこともあります。
ピルは生理緩和に役立つ薬です。
しかし、場合によっては体に合わないと感じることもあるでしょう。
また、毎日飲むのが面倒でやめてしまうという人も多いです。

市販の薬を気休めで飲み続けている人などもいますが、効果がない薬を長く飲み続けるのは心身に良くありません。
病院ではピル以外の方法も提案してもらえますし、ピルが合わない場合は正直に伝えるようにしましょう。
生活習慣を改善するだけで生理緩和ができることもありますし、漢方薬やピル以外のホルモン剤で生理緩和ができることもあります。

ピルの効果を高めたいという場合、飲み忘れを防ぐことが重要です。
毎日飲み続けることで効果を発揮するため、カレンダーなどでチェックしておきましょう。
飲む時間帯などは特に決まっていませんし、いつ飲んでも良いです。

しかし、飲み忘れを防止したいなら毎日同じ時間帯に飲んだ方が良いでしょう。
飲み始めの時期は吐き気などを感じる人もいますが、寝る前に飲むなどの方法で改善できることもあります。
ピルは必ず病院で処方してもらい、正しい飲み方を守るようにしましょう。

薬以外のもので、生理緩和に効く食品に大豆があります。
大豆は生理の悩みを抱えている女性にとっても有効な食材です。
大豆にはイソフラボンという成分が含まれているのですが、このイソフラボンは女性ホルモンと似た働きをすることで知られています。
そのためホルモンバランスを整えてくれるということです。
身近な大豆製品と言えば、納豆や豆乳などといったものが挙げられます。

大豆製品を摂ることでも生理緩和はできる

生理緩和のためにピルを飲む女性が増えています。
今までは、生理のときは痛み止めを飲むしか方法がありませんでしたが、痛み止めを毎月生理のたびに飲み続けるというのは体にもよくありませんでした。
そもそも、生理による痛みは妊娠のために厚くなった子宮内膜が剥がれ落ちることで起こり、プロスタグランジンという物質が関与しています。

ピルは子宮内膜の増殖を抑える効果があるので、生理緩和をすることが可能です。
けれども、ピルは処方薬なのでドラッグストアや薬局などでは販売されていません。
医師のいる病院を受診して処方してもらう必要があります。
毎月受診することで生理緩和だけでなく、月経前症候群といった効果を得ることができるでしょう。
ホルモンバランスを整えることができるからです。

しかし、中には毎月病院を受診するのが難しいという女性もいます。
そのような場合は、女性ホルモンと似たような働きをするイソフラボンが多く含まれている大豆製品を意識して食べるようにしましょう。
大豆製品は、醤油や味噌といった大豆を発酵させた調味料、納豆などの食べ物などたくさんあります。
豆乳は飲み物なので手軽に摂ることができるメリットがあります。日本食では大豆製品を多く使います。

煮物や炒め物に醤油を使うことは多いですし、食卓に味噌汁を出すということも多いでしょう。
大豆を若いうちに収穫したのが枝豆で、暗所で発芽させるともやしになります。
豆腐や油揚げ、きなこも大豆から作られているので、思っているよりも多くの大豆製品が身近にあることが分かります。

生理緩和のためには、これらの大豆製品を毎日継続的に食べることが必要です。
体の中で女性ホルモンと似たような働きをしてくれるでしょう。

関連記事